第6回AMG内視鏡外科フォーラム

第6回AMG内視鏡外科フォーラムのご案内

いまの時代、減量外科治療をきわめなきゃ!

【テーマ】
減量外科をきわめる
【日時】
2010年8月21日(土) 15:30 - 18:30
【会場】
大宮ソニックシティー 6F 会議室 602号
JR大宮駅西口から歩行者デッキ直結 徒歩3分
〒330-8669埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5
Tel 048-647-4111
【世話人】
AMG内視鏡外科アカデミー 金平永二

講演 115:30 - 16:10

減量外科を知り尽くした第一人者が語る

減量外科の現状 ~減量外科ってなにそれ??~ 

四谷メディカルキューブ 手術部看護師 笠間和典

講演 216:10 - 16:30

看護師の立場から

減量外科におけるチーム体制  ~「手術を受けて本当に良かった!」のために~

四谷メディカルキューブ 減量外科部長 園田和子

講演 3 16:40 - 17:00

栄養士の立場から

減量外科の栄養管理 ~「"食べるために生きる"から"生きるために食べる"」へ~

四谷メディカルキューブ 管理栄養士 吉川絵梨

講演 417:00 - 17:20

ソーシャルワーカーの立場から

RENASCER(もう一度生きる) ~なぜ減量外科治療を選んだのか~

四谷メディカルキューブ ソーシャルワーカー 中里哲也

講演 517:30 - 18:30

減量外科手術のオンリーワンが魅せる華麗な手技

減量外科の未来 ~Think different, Change the world ~

四谷メディカルキューブ 減量外科部長 笠間和典

アメリカでは減量外科手術が年間20万件を超え、消化器手術の中でトップを占めるまでに至りました。日本でも潜在的適応患者数は40万人を超えるとも言われ、もはや対岸の火事とはいえない状況です。今後20年の日本の医療を見通すとき、この減量外科治療を無視することはできないと言っても過言ではないでしょう。

日本ではまだ産声を上げたばかりの減量外科治療分野の中で、ひときわ精彩を放つのが笠間和典先生率いる減量外科チームです。このチームによる減量外科手術数はすでに200例を超え、他の追随を許さないオンリーワンのチームであります。世界的にも注目を浴びる「チーム笠間」に大宮までお越しいただき、ソーシャルワーカー、栄養士、看護師、そして外科医それぞれの立場から減量外科治療を語っていただきます。今回のセミナーが減量外科に関する日本トップの講演になることは間違いありません。是非このチャンスをお見逃しなく!

AMG内視鏡外科フォーラムに出席しますと日本内視鏡外科学会クレジットポイントが1点付与されます。

第6回AMG内視鏡外科フォーラム当番世話人 金平 永二(上尾中央総合病院)

【参加費】コメディカル:1,000円(施設会員:無料)、学生:無料、医師:3000円(施設会員:1,000円)

【協賛】 コビディエン・ジャパン

フォーラムレポートを見る

【お問い合わせ】 上尾中央医科グループ AMESA事務局 中島里史 amesa@achs.jp TEL.048-773-1113

pagetop