第34回AMG内視鏡外科フォーラム レポート

プログラムを見る

「ラパコロン ~きみも上級者になれる~」

2018年8月25日(土)
新宿エルタワー 30階サンスカイルームB2室

特別講演講師 内藤 剛先生

特別講演講師 内藤 剛先生

特別講演講師 内藤 剛先生

第34回アミーサフォーラムは、2018年8月25日、新宿エルタワーで開催された。とても暑い晩夏の日だったが、腹腔鏡下大腸切除を極めたいという意気込みのある参加者の熱い議論が繰り広げられた。

前半は、右半結腸切除をテーマに3人の先生に発表していただいた。普段の研究会で取り上げられることの多いS状結腸切除ではなく、敢えて技術認定医の課題術式ではない右半結腸切除の発表をお願いした。もちろん、手術に対する基本コンセプトは術式にかかわらず同様であるし、共通した手技で行われるはずである。その中で右半結腸切除特有の展開や手技を共有したいと考えたからだ。上尾中央総合病院の中西先生には直前に行った手術のビデオを出していただいた。北里大学流の上尾方式で自己流も加えながらのオーソドックスな背側アプローチをプレゼンしていただいた。また、髙橋先生にはメディカルトピアで行っている頭側アプローチ先行のはさみうち法ともいうべき、頭側からと背側からの両方からのアプローチをプレゼンしてもらった。さらに、彩の国東大宮病院の小島先生には頭側アプローチでありながら、メディカルトピアの手技とは異なる、理論だったこだわりの手技を披露していただいた。いずれの発表においてもそれぞれの病院に独自の方法が存在し、取り入れるべき手技がたくさんあった。また、講師の内藤先生には最初から参加していただき、様々なアドバイスやコメントをいただき、発表者だけでなく会場の参加者もとても勉強になった。

続いて後半の特別講演は、「腹腔鏡下大腸切除術の技の伝承」というテーマでさらに熱い内容で内藤先生に発表していただいた。まず、技術認定医の評価の詳細を解説していただき、指導力が要求されることが強調された。そして、すべての腹腔鏡下手術に通用するような基本の重要性から、右半結腸切除術の解説もしていただいた。最も興味深かったのは、コーチングの話題であった。コーチングとは双方向のコミュニケーションであり、質問などを通して気づかせる指導であるということであった。これを腹腔鏡下手術の指導へ応用し、術野展開と剥離操作を重視した定型化された手術の指導法、技の伝承を紹介していただいた。我々も手術指導を受けているような錯覚に陥るほどであり、内藤先生の哲学が詰まった熱い講演であっという間に時間が経過した。

フォーラム全体を通して、自らの手術を見つめなおすよい機会となった。様々な手技のなかでさらに自分の手技をブラッシュアップしたいという気持ちに自然となり、とても有意義な会となった。会の成功にあたり、ご協力をいただいた各方面の方々に感謝したい。 ありがとうございました。  

当番世話人
谷田 孝(メディカルトピア草加病院)

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

第34回AMG内視鏡外科フォーラムを開催するにあたり、多くの方々から協力をいただきました。

また、AMG関連病院に施設会員になっていただき、年会費を納めていただきました。
ご理解とご協力ありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

【顧問】

  • 坂本 嗣郎(彩の国東大宮メディカルセンター)

【代表世話人】

  • 金平 永二(メディカルトピア草加病院)

【世話人】

  • 朝蔭 直樹(津田沼中央総合病院)
  • 石井 正紀(笛吹中央病院)
  • 井原 厚(浅草病院)
  • 梅本 淳(白岡中央総合病院)
  • 榎本 雅之(桜ヶ丘中央病院)
  • 河村 裕(津田沼中央総合病院)
  • 小島 成浩(彩の国東大宮メディカルセンター)
  • 小室 広昭(上尾中央総合病院)
  • 諏訪 達志(柏厚生総合病院)
  • 谷田 孝(メディカルトピア草加病院)
  • 長澤 重直(吉川中央総合病院)
  • 西山 徹(笛吹中央病院)
  • 峯田 章(千葉愛友会記念病院)
  • 本多 正幸(彩の国東大宮メディカルセンター)
  • 若林 剛(上尾中央総合病院)

【運営委員】

  • 金平 文(メディカルトピア草加病院)
  • 佐々木 純一(津田沼中央総合病院)
  • 杉木 孝章(吉川中央総合病院)

(以上敬称略、50音順)

お問い合わせ: アミーサ事務局  中島里史 amesa@achs.jp

pagetop

AMG内視鏡外科フォーラムREPORT

第35回
「現実的近未来の外科手術」
第34回
「ラパコロン ~きみも上級者になれる~」
第33回
「腹腔鏡下ヘルニア手術で難渋した症例」
第32回
「術中出血等の不測の事態からのリカバリー」
第31回
「マーゲンで獲ってやる。技術認定!」
第30回
取りたい人にも、取らせたい人にも役に立つ!ラパコロンでの技術認定取得のコツ
第29回
「Needlescopic surgery」
第28回
TAPPやるなら頂上目指せ
第27回
胃も肝臓もラパロが良い!
第26回
直腸癌に対する内視鏡手術
第25回
ラパ・マーゲンに強くなる
第24回
技術認定に合格するラパコレとは?
~そしてその先へ~
第23回
『美しいラパコロンには理由(わけ)がある』
第22回
これから大腸内視鏡外科を始める人から技術認定取得を目指す人へ
第21回
きみのタップ・テップ進化記念日
第20回
マーゲン達人になってやる!
第19回
オペはこうやってうまくなる ヘルニア・コロン・マーゲン
第18回
できないなんて言わせない
~LTG体内再建~
第17回
技術認定なんか怖くない!
第16回
ノーカットLATG:緻密な現実を飽きることなく堪能
第15回
匠の技と心を込めた渾身の食道癌手術に酔いしれた秋の夕べ
第14回
4次元科学芸術作品と緻密を極めた彫刻の美しさを満喫
第13回
自他ともに認める世界一の「膜フェチ」外科医のトークは人間愛にあふれていた
第12回
LATG、DGの完全体内再建について、ふたりの匠にとことん説明してもらった
第11回
『新宿は3時間 唸り声の連続だった』
第10回
『考え方変わっちゃうかも』
第9回
5月のさわやかな風に誘われて、新宿を一望する会議室に100名超え
第8回
『単孔式内視鏡手術をきわめる』
第7回
秋の総会はだんじり祭りの熱気!
第6回
「減量外科治療をきわめる」
第5回
「"こだわり"と"未来の"内視鏡手術」
第4回
CENESジョイントミーティング
第2回
『テーマを絞った"きわめる"シリーズ開幕』
第1回
『 AMGを内視鏡外科で横につなぐ 』